« ITProフォローアップセミナー(大阪)やりました! | ホーム | PAGE2011に出展いたします! »

デザインスキン変更でさらに「ちゃんとした」デジタルブックへ

12月も折り返し、間もなく年末を迎えようとしています。

最近はめっきり寒くなり、目が覚めて布団から起き上がるのが
億劫になりがちな今日この頃、みなさんはいかがでしょうか。

さて、今回のブログでは、デジタルブックのデザインスキンの
変更について、ご紹介させていただきます。

My PAGE Viewでは豊富な機能を取り揃え、それらを、
誰でもわかりやすくご利用いただけるように、インターフェースに
UD(ユニバーサルデザイン)の考えを取り入れ、デジタルブックを
ご提供させていただいております。

上記インターフェースでも、もちろん使いやすいのですが、
公開するデジタルブックの種類などによっては、さらに、
ひと工夫いただくことで、より「ちゃんとした」デジタルブックを
お客様へ提供することが可能です。

そのひと工夫というのが、インターフェースデザインの変更です。

弊社デジタルブックは、Flash編集環境があれば、
インターフェースのデザインを自由にカスタマイズすることが可能です。

たとえば、パンフレットやチラシなど、主に"閲覧する"機能が
需要となってくる場合には、このようなインターフェースはいかがでしょうか。

sinpleSkin.jpg

上の画像では、もともとある豊富な機能をすべて取り払い、基本の
ページ操作機能のみのシンプルなインターフェースにすることで、
ユーザ様の操作を限定させ、目的の"閲覧する"をより明確にすることが出来ます。

その他にも、冊子のデザインや、公開サイトのカラーに合わすことも重要です。

弊社を例にしまして、インターフェースにロゴを挿入しますと、、、

wit_2.jpg

このように、全体を白に統一することで、ロゴの青色が映えるようになります。
逆に黒にしてしまうと、ロゴの青がくすんで全体的に暗くなってしまいます。

あくまでロゴデータを例としましたが、公開を行う冊子のイメージに合わせて
デザインいただければ、全体が纏まり、閲覧ユーザ様にとって違和感のない、
オリジナルのデジタルブックを運用いただけるようなります。

もちろん、弊社の基本インターフェースデザインも、どの冊子にも合うように
調整しておりますし、別途デザインスキンをご用意しておりますので、
そちらもご利用頂くことも可能です。

また、「デザインを変更したいのだけど…編集環境や時間が無い。」
と言うような場合でも、弊社にてスキンデザインのカスタマイズ制作を
お受けいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


最後までご覧いただきましてありがとうございました。

今後ともMy PAGE Viewをよろしくお願い致します。

2013年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ